焼却施設の主な機器




中央制御室

ごみの受入から焼却炉の燃焼状態、ストーカ速度をはじめ燃焼用空気の調節など施設内の機器稼動状態を制御集中監視しています。

プラットホーム及びごみ投入扉

計量されたごみは、このプラットホームからごみピットへ投入されます。

ごみピット及びごみクレーン

投入されたごみは、ごみクレーンでごみホッパへ供給されます。

焼却炉(ストーカ式連続炉)

給じん装置、乾燥、燃焼ストーカ、後燃焼ストーカで構成された燃焼装置がごみを効率よく燃焼(炉内温度850〜950℃)させます。

磁選機

磁石で焼却灰の中から鉄を回収します。

灰ピット

場外へ搬出する必要のある灰やダストを一時的に貯留します。

有害ガス除去装置

排ガス中に消石灰を噴霧して排ガスから塩化水素を取り除きます。
また、排ガス中に尿素を噴霧して窒素酸化物を取り除きます。

バグフィルタ

排ガス中に含まれるばいじんなどを取り除きます。

排ガス分析計

燃焼状態を監視するとともに安全性確認のため、排ガス中の一酸化炭素、塩化水素、酸素などの濃度を分析します。

排水処理装置

施設内で発生する汚水を浄化し、排ガスの冷却水として再利用します。
外部へは、排出しないクローズドシステムを採用しています。

温水タンク及び温水発生器

ごみの燃焼により発生した熱を温水で回収し、施設内の給湯・暖房に利用しています。




このページの担当係:業務係