東金市外三市町清掃組合の環境管理



● 各事業所における環境保全対策
● 環境関係データ



● 各事業所における主な環境保全対策

環境クリーンセンター

主な環境保全施設・対策

排ガス対策: 排ガス中のばいじんや有害ガスは、乾式有害ガス除去装置とバグフィルタで除去しています。
臭気対策:ごみの臭気は、外気と遮断し、燃焼用空気として送風機で焼却炉内へ送入し、高温で分解し、無害無臭化しています。
排水対策:施設内で発生する排水は、排水処理装置で処理し、ガス冷却水として再利用しています。汚水は、外部へ放流しないクローズドシステムです。
騒音・振動対策:粗大ごみ処理施設の各機器は、低騒音の機種を選定し、必要に応じて消音器を取り付けています。また、振動が発生する設備は、独立基礎及び防振装置を設けています。


 廃棄物の再資源化
灰溶融炉施設:
焼却灰を溶融炉でスラグ化しています。当組合で生成したスラグは、グリーンオアシス大網で不燃残渣の覆土剤として、使用しています。
            スラグは覆土剤の他、路盤材、路床材、ブロック、タイル等の資材として再資源化できます。
粗大ごみ処理施設:家庭から廃棄される家電製品や家具等の粗大ごみ等を破砕し、可燃物、不燃物の中から鉄類、アルミ類を回収して再資源化しています。


成東一般廃棄物最終処分場(埋立処分は既に終了)

主な環境保全施設・対策

排水対策:ばっ気処理方式、凝集反応・凝集沈殿処理による水処理及び定期的水質検査を実施しています。処理水量24m3/日。設計放流水BOD=20ppm。
その他:ガス抜き管の設置


グリーンオアシス大網

主な環境保全施設・対策

排水対策:回転円板法による生物処理、凝集沈澱に加え、高度処理(砂ろ過、活性炭吸着、キレート吸着)による水処理及び定期的水質検査を実施してます。処理水量45m3/日。

設計処理水質
PH 5.8〜8.6
BOD 10mg/L以下
COD 10mg/L以下
SS 10mg/L以下
大腸菌群数 3,000個/mL


●飛散防止対策

散水設備及びフェンスを設けて、飛散防止を図っています。


● 環境関係データ

より詳しく知りたい場合は、お手数ですが、組合事務局(環境クリーンセンター)まで、お問い合わせください。

ダイオキシン類測定値(焼却炉等排ガス)

ばい煙測定値(焼却炉等)


[HOME]

このページの担当係:業務係