良く知ることから始まるダイオキシン対策
良く知ることから始まる
ダイオキシン対策




1.ダイオキシンって何?
2.どんな毒性があるの?
3.どうしてできるの?
4.どのように環境へ広がるの?
5.どのように人の体へ入るの?
6.安全を守る基準は、どうなっているの?
7.組合の取り組みは、どうなっているの?
8.住民にできること、また、していただきたいこと
9.日本のダイオキシン問題

ダイオキシン情報関連サイト  http://www.nihs.go.jp/hse/chemical/dioxin.html


ダイオキシンって何?

 性質の似た有機塩素化合物を総称して「ダイオキシン類」あるいは「ダイオキシン」とよんでいます。毒性が強いことから環境汚染が大きな問題になっています。「ダイオキシン類」には、ポリ塩化ジベンゾパラジオキシン(PCDD)75種類とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)135種類の異性体があります。
 また、コプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)という物質も、よく似た性質をもっていることから、環境保全の面からは、それも含めて「ダイオキシン類」とよばれており、各種の対策もとられています。
化学的に安定しており、水に溶けにくく、油に溶けやすい性質をもっています。環境中に放出されると大気による拡散以外はほかへあまり移動しません。


2個のベンゼン環(6っつの炭素が正六角形に結合したもの)からなるジベンゾジオキシンジベンゾフラン(これらをダイオキシンの「骨格物質」といいます。)を基本に1〜4と6〜9の位置に塩素がついたものをダイオキシンといいます。


コプラナーポリ塩化ビフェニルも、ベンゼン環2個をつなげた基本構造に、2、2’、6、6’の位置に塩素が0〜2個ついたものです。
TEQ(毒性等量):ダイオキシンは、種類が多く、それぞれ毒性の強さが異なるため一律に評価することができません。そのため、それぞれの毒性を2.3.7.8-TCDD(四塩化ジベンゾ・パラ・ジオキシン : ダイオキシン類で最も毒性が強い)に換算し、それらを全部足したものが毒性等量(TEQ)として広く用いられています。

<よくでてくる単位>
単位読み方 意 味
ngナノグラム10億分の1グラム
pgピコグラム1兆分の1グラム



どんな毒性があるの?



どうしてできるの?

燃焼で発生するダイオキシン

●都市ごみ焼却場

      <かっての焼却場>

都市ごみには、ポリ塩化ビニール、ポリ塩化ビニリデンをはじめ、塩素を含んだごみが大量に含まれています。これらを燃やすとダイオキシンの生成を助ける塩素が発生します。これが、ダイオキシンの前駆体(クロロフェノール、クロロベンゼンなど)と結びついてダイオキシンが合成されるのです。
ダイオキシンは、300〜400℃で最も発生しやすいといわれています。大型の焼却炉では、高温で連続的にごみが燃やしつづけられていますので、たとえダイオキシンが発生したとしてもそのほとんどが分解されてしまいます。では、どうしてダイオキシンができるのでしょう。問題は、排ガス(煙)からばいじんを取り除いてきれいにするためにつけられている集じん機にあります。古いタイプの集じん機は、中の温度が300〜400℃となるものが多かったのです。

      <最近の焼却場>
(東金市外三市町環境クリーンセンターなど)

ですから、私達の組合のものもそうですが、新しい集じん機は、温度を急激に200℃以下まで下げるようになっています。これでダイオキシンの発生が大幅に抑えられ、さらにフィルターをとおすことによって細かな塵に付着したダイオキシンを取り除くようになっています。
また、焼却炉内の温度も850℃以上で運転されるようになっています。
このように最近のごみ焼却施設では、炉と集じん機のいずれにおいてもダイオキシンの発生を抑えることができます。

●産業廃棄物処理施設
●その他の小型焼却炉


製鋼や焼結などの金属工業で発生するダイオキシン

ダイオキシン類の発生源別排出量(g-TEQ/年)
発生源 排出量
平成9年 平成10年
一般廃棄物焼却施設 4,320 1,340
産業廃棄物焼却施設 1,300 960
未規制小型焼却炉(事業所) 325〜345 325〜345
火葬場 1.8〜3.8 1.8〜3.8
製鋼用電気炉 187 114.7
鉄鋼業 焼結工程 118.8 100.2
亜鉛回収業 34.0 16.4
アルミニウム合金製造業 15.7 14.3
たばこの煙 0.075〜13.2 0.079〜13.9
自動車排出ガス 2.14 2.14
その他 約26 約26
合計 6,330〜6,370 2,900〜2,940


塩素系漂白剤でも生成される?



タバコや自動車の排ガスは?



どのように環境へ広がるの?


どのように人の体へ入るの?


安全を守る基準は、どうなっているの?


組合の取り組みは、どうなっているの?


住民にできること、また、していただきたいこと

資源の有効利用とごみの減量化=『3R』 小型焼却炉の使用自粛

日本のダイオキシン問題

ダイオキシン情報関連サイト  http://www.nihs.go.jp/hse/chemical/dioxin.html

主な出来事
昭和58年 都市ごみ焼却施設の焼却灰及び飛灰からダイオキシンが検出される。
昭和59年 厚生省が、専門家会議を開催。
平成2年 製紙工場排水のダイオキシンが問題になる。
ごみ焼却施設のダイオキシンについてマスコミ報道。
厚生省は、「ダイオキシン発生防止対策等ガイドライン」を作成。
平成3年 環境庁が、全国紙パルプ工場のダイオキシン緊急調査実施。
平成6年 茨城県新利根町ごみ焼却炉付近の土壌からダイオキシン検出。
平成7年 香川県豊島の廃棄物処分場の土壌からダイオキシン検出。
平成8年 JRA栗東トレーニングセンター排水中からダイオキシン検出。
厚生省、全国ごみ焼却場のダイオキシン調査を実施。
平成9年 厚生省、「ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止等ガイドライン(新ガイドライン)」を作成。
平成10年 大阪府豊能群美化センター周辺土壌から高濃度のダイオキシン検出。
平成11年 埼玉県所沢の農作物に係るダイオキシン問題がテレビ報道され、大きな問題となる。
ダイオキシン対策関係閣僚会議が設置される。
ダイオキシン類対策特別措置法が制定される。


ダイオキシン情報関連サイト  http://www.nihs.go.jp/hse/chemical/dioxin.html


ストーカ式焼却炉:
炉内部へのノーズ設置:
炉出口部の延長:
排ガス冷却室と熱交換器の併用:
バグフィルター:
クローズドシステム:



[ もどる ]


このページの担当係:業務係