[東金市外三市町清掃組合とは?]
[組合の仕事と市・町、住民との役割分担は?]
[事業所の位置は?]
[経費は?]

[東金市外三市町清掃組合とは?]

東金市外三市町清掃組合(とうがねしほかさんしちょうせいそうくみあい)は、地方自治法第284条に基づく地方公共団体の組合(一部事務組合)で、地方公共団体の一種(特別地方公共団体)です。
東金市、大網白里市、九十九里町、山武市で構成されており、以下の事業を共同で処理しています。

(1)廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく一般廃棄物(し尿を除く。)の処理計画策定及び処理(収集にあっては粗大ごみに限る。)に関すること。

(2)一般廃棄物処理施設(し尿処理施設を除く。)の設置及び管理に関すること。

(3)容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律に基づく容器包装廃棄物の分別収集計画の策定及び処理(収集を除く。)に関すること。

構成市町の状況(H.28.4.1現在)
市町名 面積(ku) 人口(人) 世帯数(戸)
東金市 89.12 59,962 26,097
大網白里市 58.08 50,365
21,028
九十九里町 24.45 16,963 7,194
山武市 47.15 22,613 9,411
合計 218.80 149,903 63,730

*山武市については旧成東町のみ


  <<管理者等>>

管理者    東金市長
副管理者   大網白里市長、九十九里町長、山武市長
組合議会   構成市・町の議会議員から選出された9名により構成
監査委員   学識経験者・議会議員から各1名


  <<これまでの主なできごと>>

昭和42年3月30日  設立(東金市松之郷:30t/日)
昭和57年4月 1日  東金市三ヶ尻へ移転(100t/日)
平成 2年4月 1日  成東町が加入
平成10年4月 1日  新焼却施設等(環境クリーンセンター 210t/日)稼動開始
平成14年4月 1日  グリーンオアシス大網(一般廃棄物最終処分場)稼動開始
平成14年4月 1日  福利厚生施設稼動開始
平成18年3月27日   成東町を含めた4町村合併により「山武市」誕生
平成18年3月27日   成東町の合併に伴い本組合の名称が東金市外三市町清掃組合へ変更
平成25年1月 1日  大網白里町が市制施行により「山武郡大網白里町」から「大網白里市」となる。

 

  

  

[組合規約と組織]     [予算と決算]     [ゴミの処理量]     [環境対策]

[組合の仕事と市・町、住民との役割分担は?]

組合の仕事
市・町の役割
住民の役割

組合の仕事

 ゴミの処理それは、一言で『ゴミの処理』(中間処理及び最終処分)です。組合に運ばれたゴミは、種類に応じて環境への悪影響が無いように最新式の設備で処理されます。


<<ゴミ処理の流れ>>


可燃ゴミ : 環境クリーンセンターに運ばれた可燃ゴミは、 一旦、ゴミピットに入れられて、ゴミ質が均一になるよう焼却前に撹拌されてから燃やされます。出来た灰は、溶融炉で溶かされ、より安全なスラグとなって、アスファルトなどに利用されるほか、残りは埋め立て処分されます。


粗大ゴミ : 環境クリーンセンターに運ばれた粗大ゴミは、回転破砕機でバラバラにされ、磁力などによって、鉄、アルミニウム、可燃物、不燃物に分類されます。鉄とアルミニウムは、資源として売却します。


ペットボトル・カン・ビン ペットボトルとカンは、再利用のために専門の工場へ運ばれます。ビンも色や形で分類され、再利用が図られます。
但し、ビンは、組合に処理施設がないので、民間業者に委託して処理をしています。


市・町の役割

 ゴミの収集・運搬各家庭からだされるゴミを収集し、組合の事業場まで運びます。また、地域の状況に応じて、ゴミ集積場の場所などを定めたりもします。

 組合運営の方針付けと組合運営費用の拠出総合的な行政運営の立場から、組合運営の基本的方針を検討し、一方では、運営費をゴミの量などに応じて負担します。また、組合事業の監視や指導の役目も担っています。

 総合的環境保全の推進と啓発生活に密着した自治体として、住民意見などを踏まえつつ環境問題を総合的に検討します。また、そうした検討結果に基づいて総合的環境保全の推進と地域(住民)への啓発、住民参加の仕組みづくりなどをおこないます。


住民の役割

 ゴミの発生主体としての減量化とマナーの保持

人の生活に伴い必然的にゴミは発生することになりますが、地域全体のゴミ減らしと快適なまちづくりのため、一人ひとりのゴミの減量が大切です。
また、地域社会の一員としてゴミ出しのマナーを守ることも求められています。

減量化:3つのR

Reduce(リデュース):ゴミを減らす
例:買い物袋を持参する。過剰包装は断る。他のもので代用できる使い捨て商品は、買わない。

Reuse(リユース):再利用する
例:修理して何度も使う。別の使い道を考える。欲しい人にゆずる。

Recycle(リサイクル):リサイクルする
例:子供会や町内会などの回収を利用する。市や町のリサイクルボックスを利用する。生ゴミは、家庭で肥料にする。

マナーを守る
* 定められた分別をしてゴミを出す。
* ゴミを出す日と時間を守る。
* ゴミの種類に応じたマナーを守る。
   ビン、カンは、中身を別に捨てる。ペットボトルは、蓋をとって中を洗う。等々 環境行政への参画及び経費等の負担

社会を構成する主人公として 環境問題に関心を持ち、様々な形での提言や要望、あるいはボランティア活動等を通じ、更には、選挙などを通じて、住民一人ひとりが環境行政に参画することが求められています。(当然、行政には、そのような住民活動を支える仕組みづくりが求められます。)
一方では、税金や手数料の負担などの形で応分の経費負担することとなります。


[事業所の位置は?]

拡大
事業所名 所在地 主な業務
東金市外三市町清掃組合
環境クリーンセンター
東金市
三ヶ尻340
ごみ焼却・灰溶融
粗大ごみ破砕
成東一般廃棄物
最終処分場
山武市
成東4002
最終処分場(管理型)
埋立処分期間:
  昭和59年4月〜
   平成7年3月
   (埋立完了)
グリーンオアシス大網 大網白里市
小西641
最終処分場(管理型 )
埋立処分期間:
  平成14年4月〜
  
  
     [位置図拡大]




[経費は?]

平成26年度総経費(千円:歳出決算合計額) 1,583,460
平成26年度全ごみ搬入量(トン) 47,182
ごみ1キログラム当り総経費(円/kg) 33.6
人口(人:平成27年4月1日現在) 150,954
一人当り総経費(円/人) 10,490
世帯数(戸:平成27年4月1日現在) 63,215
一世帯当り総経費(円/戸) 25,049
(注):この経費は、平成26年度総経費(歳出)をごみ搬入量、人口、世帯数でそれぞれ割り返した金額です。
なお、総経費にはごみの収集費用(粗大ごみを除く)は、市・町で行っているため含みません。
         
          



[予算のあらまし]      [予算の推移]      [予算書]

[決算のあらまし]      [決算の推移]      [決算書]


このページの担当係:総務係